FC2ブログ

エルアルroom

ご訪問いただきありがとうございます

----

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

CM: --
TB: --

0221

ポケットの中のパスケース~【第1章 Dating Apps】~  





【2015年6月頃】
時刻は夜の21時
僕はとある家電屋の一角で後輩と2人、パソコンの修理をしていた。

店内を見回すと店員が商品棚の整理やチラシの張り替えをしていた。
まだ営業中だがこの時間になるとほとんど客はこない。
来る客のほとんどは仕事帰りに日用品を買い足しに来た客しかこないので
接客する必要性もなかった。
日中と違って活気もなく店内は静まり返った空気であった。

そんな中、自分は客から預かったパソコンの修復作業をすすめていた。
新しいパソコンの設定、ウイルス駆除、データの復旧
何台ものパソコンを並べて後輩と2人作業を進めていた。

パソコンの修理って忙しいようにみえるが、そうでもない。
どれもソフトウェアで実行して結果を待つのみ。
その結果もすぐにわかるものではないので、客がこなければやることがなくなってしまうのだ。
なのでこの時間はいつも暇を持て余していた。

いつもなら後輩と一緒に携帯ゲームをしながら作業をするのだが
最近はゲームにも飽きていた。

何か新しいことはないのか・・・

そんなことを考えていると後輩から出会い系アプリを紹介してきた。
社会人になってからは同世代の女性との絡みは全くなかった。
なので後輩も自分もここ数年出会いというものがなく彼女もいなかった。
この変化のない毎日を過ごすより刺激のある変化がほしい。
そう思い後輩と一緒にアプリを登録してみた。


登録を済ませると写真が1枚ずつ表示され、すぐに使い方の説明がはじまった。
表示された女性が[気になる]か[気にならない]を選択して
お互いに[気になる]を選択した場合のみ
メッセージのやりとりができる、という仕組みであった。

システムははっきりしていてシンプルだが難点な問題点があった。
それは相手を指定して[気になる]を選択することができない
完全ランダムで表示されるところが難点だった。

また、表示される写真にも制限があるため
自分好みの女性を絞っていたらメッセージがはじめられなかった。

自分の好みは昔から恋愛対象として容姿は全く気にしなかった。
性格重視で一緒にいて落ち着ける人が理想だった。
とりあえず表示された女性のプロフィールをみて趣味や音楽など共感をもてそうか考えてから
何人かの女性に[気になる]をしてみた。

すると意外にも複数人の相手から[気になる]が返ってきたのだ。
保育士や学生など自分と年が近い相手から返信がきたので話が合いそうだった。

その後数日間、異性の相手とメッセージを続けるのであった。
趣味や仕事の話、たわいのない話などいろんなことをいろんな女性と話した。

だが出会うというところまでなかなか発展しなかった。
どんな会話をしても途中で連絡が途絶えるか会話が続かなかった。

もともと覚悟はしていたが
ネットでの出会いって本当に相手が存在するのか不安ではあった。
でも、いろんな人と話せば誰かしらと出会えると少しの可能性を信じてやり続けた。

はたしてこのまま恋愛に繋げることはできるのだろうか?


Next story...

スポンサーサイト

Posted on 2017/02/21 Tue. 19:40 [edit]

CM: 0
TB: 0

« 日記~お久しぶりです~  |  ポケットの中のパスケース~プロローグ~ »

コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://oathmuddy1200.blog33.fc2.com/tb.php/401-a3b00799
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

アンケート

お知らせ

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。